インプラントでの隙間

インプラントの問題解決

治療後の問題の情報

インプラントが抱える隙間の原因

インプラントには、従来の治療法よりも生活の幅が広がるだけでなく、審美的に優位性が持たれる治療法として捉えられています。それは、歯の抜けた個所に直接人工の歯を挿入することで、天然さながらの歯をほどこした治療法になるからです。しかし、インプラントの治療法には、歯と歯とのあいだに隙間ができる問題に遭遇されることがあります。これは、治療法の構造上において、人工の歯茎を埋め込む際に骨が成長されたことによって生じるものになります。隙間が気になる程度に感じられたら、一度医師の指示をあおる形で診断されることが勧められています。

隙間を放置すると起こる危険

インプラント治療は欠損した歯を取り戻すために非常に有効なものです。かつては総入れ歯などの方法しかなかったわけですが、この技術により多くの人が美しい歯を手に入れることができるようになりました。しかし、術後から生じる隙間には気をつけなければなりません。かつては治療後、特別気をつけるといったことはあまり言われていませんでした。しかし、近年ではインプラント後の歯で歯周病が起こりやすいとされています。そのため、ブラッシングなどはもちろん、口全体の問題を解決することが必要となります。そして、被り物などをつけることで予防ができるとされています。せっかく手に入れた歯ですから、しっかりとした予防や治療計画を立てることが重要となります。